肌の水分不足

メニュー

アラサー、アラフォーになって初めて分かる若いうちからの水分ケア不足による老化の進行。スキンケアの基本はやっぱりコレ!しみ、しわなどを美容液やクリーム、オールインワンゲルなどの徹底保湿でアンチエイジング!

  • HOME >>
  • 肌のお手入れでは、十分に肌を保湿したり、マッサー

LastUpdate:2017/10/24

肌のお手入れでは、十分に肌を保湿したり、マッサー

肌のお手入れでは、十分に肌を保湿したり、マッサージをするといったことがまず重要視されます。

しかし、体の中からケアしてあげることももっと重要です。食べ過ぎ飲み過ぎや夜更かし、喫煙といったことは、どんなに高価で優れた化粧品でも、お肌は綺麗になりません。

まずは生活習慣を見直すことが、体の内部からのスキンケアにつながります。パックすることでお肌のシミ対策に効果があります。

保湿、美白成分をたっぷりと含むフェイスマスクでパックすると、お肌のシミの要因のメラニンが生成されにくくなり、透き通るような肌にしてくれるでしょう。思わず日焼けした時などに大変有効で、その日すぐにちゃんとケアをすることにより、シミの予防に有効です。

飲酒も、適量なら血行を良くする効果があり、お肌のためにも良いといわれています。市販の酒粕をパックとして使うとくすみを軽減すると言われています。

市販の酒粕を細かくして、ボウルの中で水を加えてペースト状にし、固まりのない状態になるまで混ぜていきます。小麦粉を少しずつ混ぜて適度な固さにし、なめらかに仕上げれば、酒粕パック完成です。

ただ、酒粕の匂いが苦手な方は止めた方がいいでしょう。

肌の汚れを落とすことは、スキンケアの基本のうちのひとつです。

それに、潤いを保つことです。

肌に汚れが残っていると肌のトラブルが起こる要因となります。

また、肌が乾燥してしまうことも内側の水分が逃げていかないようにする機能を弱体化させてしまうので、保湿を必ずするようにしてください。

しかし、余計に保湿を行っても肌のためにはなりません。コラーゲンのうりである最も重要な効果は美肌効果であります。

コラーゲンをとることによって、体の中に存在するコラーゲンの代謝促進が進み、肌に潤いやハリを与えてあげることが可能です。現実問題、体の中のコラーゲンがなくなることで肌が老化してしまう原因となるので、若い肌を継続するためにも積極的な摂取が必要です。

たとえ同量の紫外線を浴びたとしても、肌に出来てしまうシミというのは個人差があります。簡単にいえば、シミになりやすい性質の肌があります。

具体的にお話ししますと、白くてきめの細かい肌質の事です。

見分け方についてですが、日焼けした時に黒く焼けるのではなく、赤く残ってしまう人がそのタイプに該当します。

美肌というものは、とても繊細なものだといえます。かつて一世を風靡したガングロがここにきて二度目の流行の気配です。

数あるスタイルの一つとして定着を見せ始めた感じもしますが、懸念されるのはお肌のシミです。

みんなが同じってわけではないでしょうが、ガングロをやめた後はガングロではなかった人と比べて多くのシミが目につきやすくなると言えるでしょう。

肌にシワができるのには原因があります。何かというと、乾燥の影響が大きいようです。

エアコンの風にあたっていたり汗をかき、汗と一緒に肌の保湿成分が失われた時は特に注意をした方が良いでしょう。

デリケートな肌を乾燥から守るためには、とにかく保湿を何度でも行なうようにすることが大切です。

例えばスプレータイプの化粧水を持ち歩いて、どこでもワンプッシュするようにしたり、激しい運動の後などは、大量の汗をかいていますから、すぐに保湿が必要となります。しわ取りテープは一部で大変人気のようですが、ご存知でしょうか。貼るだけで顏のしわを取ってくれるこのしわ取りテープなのですが、テレビで少し前にコスメ関連にとても詳しい芸能人によって紹介されており、その人自身も愛用しているということした。

顔の取りたいシワにテープを貼るだけなので、使い方は簡単でした。

貼りつけている間は引き締まった気がして、いい感じらしいのですが、だからといって長い時間貼り続けているのは、肌に良いわけはなく、軽いかぶれなどが出ることもあり得ます。

しわ取りテープを使ってみたら次々トラブルに見舞われた!なんてことになったら大変です。

正しい方法で使用しましょう。

乾燥が気になる肌は、毎日顔を洗うこととその後の潤いを逃がさないようにする手入れを正確に行うことで、改めることが可能です。毎日お化粧を欠かせない方の場合には、化粧落としから改めてみましょう。

お化粧落とししていて気をつけるところは、化粧を残りなく落とした上で同時に、過度な角質や皮脂汚れは取り去らないようにすることです。女性が妊娠、出産を経てしばらくの間は長い間に保っていたホルモンバランスが崩壊してしまうので、いろいろなトラブルが起こります。肌荒れ、シワの増加といった肌トラブルもよく見られ、かゆみも出て気にしている女性も多くいるようです。

妊娠中体内で働いていた女性ホルモン、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が出産後はいきなり量を激減し、その影響を受けて、肌は簡単に乾燥状態へと陥ります。乾燥して荒れてしまうと敏感肌にもなりやすいので、できれば無添加で低刺激の基礎化粧品を使って他はともかく、保湿だけは忘れないようにしましょう。

お肌のお手入れにオリーブオイルを利用する人もいるようです。

オリーブオイルでメイクを落としたり、プラスアルファの栄養分として湿布したり、小鼻に残ってしまった皮脂の黒ずみを取り除いたりと、自分なりの使い方がされているようです。そうは言っても、良質なオリーブオイルをつけないと、肌が困った状態になることもあるのです。そしてまた、少しでも変わったことがあれば早めに使うのをやめて下さい。

こんがりと小麦色に焼けた肌は健康的な色気を演出してくれますが、肌を焼きたいけどシミができるのは嫌と考える女性も多いでしょう。

もし、シミとは無縁でいたいなら、極力日焼けをしないようにするしかありません。シミにさよならするためには、しっかりと日焼止めを塗ることです。あと、自宅に着いたらローションなどで炎症を軽減させる事が重要です。

顔にシミができてくると、もっと若いのに!と言いたくなるほど老けて見られてしまいますよね。

高齢になっていくにつれて、皮膚の回復力が弱化していき、少しの日焼けでも大きなダメージとなってしまうので、日焼けに対してさらに警戒しましょう。

手軽な日焼け止めや帽子といったもので紫外線をカットし、また、たくさんビタミンCを含む緑黄色野菜やフルーツといったものを、できるだけ摂るようにしましょう。アラサーになりましたが、そんなことも関係なく、仕事に追いまわされる毎日ですが、ある時、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見て大変驚いてしまいました。

鏡の中から、くっきりしたクマと細かいシワに顔を覆われた自分の顏が見返してきました。どれだけ自分が疲れ果てているのか、そのまま表しているように思えました。この衝撃の日以降、私は心に誓いました。どれ程疲れ切って家に帰ってきたとしてもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、肌を大事にしよう、これ以上増やさないために、シワを予防しなければ、と決心したのでした。

最近の話です。

肌のケアをしていた時にちょっとした発見がありました。

肌が柔らかく、じゅうふん保湿が行き届いているとしわもなかなかできにくいのではないでしょうか。

年々深まる目の周りのじわやほうれい線がなんとかならないものか、と思っていたのですが周りでちょっと評判のいい、炭酸パックをやり始めて、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃にはしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。炭酸パックのおかげだとしたら、嬉しいですね。

エステはスキンケアとしても利用できますが、効果はいかほどでしょう。専用クリームなどを使ったハンドマッサージや自分ではなかなかうまくとれない毛穴の汚れをキレイにして赤ら顔の原因となる血行不良も解消されますから肌の新陳代謝促進が期待できるでしょう。実際、エステでフェイシャルコースを利用した人の90%以上の人が毎日2リットルの水分補給は全身の代謝を促進すると言われます。

お肌の内側からも、水分を補給しなければなりません。水分不足はお肌の血行を悪くし、老廃物がお肌にたまるので、くすみやシミを引き起こしてしまいます。

さらに、肌の乾燥を引き起こし、くすみばかりかシワも増加していくのです。

ぜひ、水分を欠かさない生活習慣を保ってください。

肌のキメは、肌の美しさのバロメーターです。

これが整っていると美肌ですし、そうでなければ荒れていることがわかります。

ではこのキメとは何かというと、肌表面を網の目のように覆う皮溝という線と、皮溝で囲まれた部分である皮丘によって、皮膚表面に作られた模様のことをいいます。よくいう「キメが整った肌」は皮丘の部分が均等な形に揃っているのがわかります。でも、皮膚のバリアの役目を担う表皮がすっかり乾燥し、カサつきに荒れると、皮丘は形を崩し、キメは粗くなります。

荒れてしまった表皮では、ちゃんとしたバリアにならないので、より深い位置にある真皮にもダメージが届くようになります。

真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としての働きがありますから、肌は支えを失って、肌表面にシワを作ります。お肌を見れば、肝臓の調子もわかります。

肝臓には多くの血液が流れており、体内で産生された物質を代謝や分解して、有害な物質を無害にしているのです。肝臓での解毒が十分でないと、有害物質は全身の血管を通して体内に回り、お肌にたまると肌荒れやくすみの原因となります。肝臓のデトックス力を保つことが、お肌の健康を維持するために欠かせない要素です。

「ポリフェノール」ってきくと、それは美肌に欠かせないでしょうって思いますよね。

抗酸化作用が特徴のひとつに挙げられます。

体にとってはあまりよくない活性酸素の働きを抑制して、お肌にシミができるのを防いだり、紫外線のダメージを受けたお肌にできたシミを消していってくれます。喜ばしいばかりの結果をもたらしてくれる強力な抗酸化作用を持ったポリフェノールなのですが、欠点をあげるなら、その効果が発揮することができるのは3時間から4時間と短いことです。

いつも不足しないように心掛けることが大事です。

関連記事


PAGE TOP

メニュー


アラサー、アラフォーになって初めて分かる若いうちからの水分ケア不足による老化の進行。スキンケアの基本はやっぱりコレ!しみ、しわなどを美容液やクリーム、オールインワンゲルなどの徹底保湿でアンチエイジング!
2012 水分不足は老化の元?徹底保湿でアンチエイジングスキンケア All Rights Reserved.