肌の水分不足

メニュー

アラサー、アラフォーになって初めて分かる若いうちからの水分ケア不足による老化の進行。スキンケアの基本はやっぱりコレ!しみ、しわなどを美容液やクリーム、オールインワンゲルなどの徹底保湿でアンチエイジング!

  • HOME >>
  • スキンケアにおいては、肌を保湿するこ

LastUpdate:2017/10/24

スキンケアにおいては、肌を保湿するこ

スキンケアにおいては、肌を保湿することやマッサージをするといったことがまず重要視されます。しかし、内部からの肌への働きかけはそれ以上に大切と言えるのではないでしょうか。生活リズムが不規則だったり、喫煙といったことは、どんなに高価で優れた化粧品でも、肌の状態を悪化させる一方です。

まずは生活習慣を見直すことが、体の内部からのスキンケアにつながります。

乾燥した肌の場合、スキンケアが非常に重要になります。

間違った肌ケアは状態を悪化させるので、正しい方法をわかっておきましょう。

初めに、洗いすぎは禁物です。

皮膚のあぶらが気になるからといって1日に幾度も幾度も顔を洗ってしまうと素肌が乾燥してしまいます。

反対に皮脂の分泌物が増加してしまうので、朝と夜の2回だけで十分です。

ここ数年の間急激に、自分のしわが真剣に気になるようになりました。その中でも一番困りものなのは目尻に発生する笑いじわで、鳥の足跡みたいな形のしわです。そもそも目の周りは皮膚が薄く、元々しわはできやすい場所で、スキンケアも丁寧に行っていますが、皮膚が薄いということは、乾燥に弱いということでもありますから、クリームを塗り重ねたりして、保湿にだけは手をかけるよう自分に言い聞かせています。

肌のキメは、肌の美しさのバロメーターです。

これが整っていると美肌ですし、そうでなければ荒れていることがわかります。

ではこのキメとは何かというと、肌表面を網の目のように覆う皮溝という線と、皮溝が区切る皮丘という部位で作られた模様のことを指します。キメが細かくよく整った肌は皮丘には充分な水分が含まれ、それぞれの大きさがきれいに揃っています。

でも、身体の外側にあり、バリアの役目をする表皮が乾燥し、荒れると、皮丘はその形を乱し、キメは崩れてしまいます。表皮が荒れたままだと、バリアとしての働きは弱まっていきますので、表皮が覆う真皮もそのうち傷つくことになります。真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としての働きがありますから、肌は支えを失って、肌表面にシワを作ります。コラーゲンの一番有名な効果は美肌になるという効果です。コラーゲンをとることで、体の中に存在するコラーゲンの代謝促進が進み、肌の潤いやハリに効果があります。

体内のコラーゲンが足りなくなることでお肌の老化が著しくなるので出来る限り若々しい肌で居続けるためにも積極的に体内に取り込むことが必要です。スキンケアってほんとに必要なの?と考える方もいるみたいです。いわゆるスキンケアを何もせず肌から湧き上がる保湿力を失わないようにするという原理です。けれども、メイクをする人はクレンジングははぶけません。クレンジング後、ケアをしてあげないと肌はみるみる乾燥していきます。週末だけとか、月に数回の肌断食はいいですが、肌の状態を見て、スキンケアをした方がいいでしょう。虫刺されの痕をずっと掻いていたり、花粉症の時のように、一日中何回も鼻をかんだりすると、そんな刺激によってすら、肌は薄くなっていきます。肌の最も外に位置するのは表皮ですが、これは薄い層が重なった作りになっていて、傷がついたり摩擦を繰り返されると、表皮の層は摩耗していくといってもいいでしょう。

皮膚のバリアの役目がある表皮が減って薄くなると、その下の真皮にもダメージが届く可能性が高まります。ダメージを受けて真皮の機能が落ちてしまうと、肌を支えていられなくなるので、このようにしてシワ、たるみはできてしまいます。密かな流行の品としてのスキンケア家電があります。

自分のスケジュールに合わせて家の中で、わざわざエステに行った先で受けるフェイシャルコースみたいな美肌を手に入れることができるのですから、ブームが巻き起こるのも当たり前ですね。

ところが、わざわざお金を出したというのに使い勝手を気にして、使うのをやめてしまうこともあるんです。即座にお買い求めになるのは少し待って、使用方法が自分に向いているかどうかもあらかじめ確かめることが重要です。

元々、お肌が乾燥しにくい人でも冬になるとお肌がカサつきになるケースもありますから、、顔を洗った後やおふろの後は化粧水や保水をしっかりしたり、乳液を使用しましょう。

冬になると肌トラブルが増えるので、自分で出来る、肌の手入れを怠らないようにした方がいいです。

しっかりと肌を潤わせることと血をよくめぐらせることが冬の肌の手入れのポイントです。

最近、ココナッツオイルを肌のお手入れに使う方が女性がどんどん増えています。

使い方は簡単で、化粧水の前後に塗ったり、スキンケア化粧品に混ぜて使うといいのだとか。

メイク落としとしても使えますし、マッサージオイルとして使っている、という方も。もちろん、積極的に食事取り入れていく事でもスキンケアにつながっちゃう優れもの。ですが、体に吸収されるものですので質の良さにはこだわって選んでくださいね。

肌にシミが増えてしまうと、もっと若いのに!と言いたくなるほど老けて見られてしまいますよね。年齢を重ねるにつれて、皮膚の回復力が弱化していき、ちょっとした日差しでも油断ができなくなるため、日焼け対策は怠ってはいけません。

基本的な日焼け止めや帽子で紫外線を防ぐのはもちろん、たくさんビタミンCを含む緑黄色野菜やフルーツといったものを、今までよりももっと摂っていきましょう。

たとえば、同じくらいの紫外線を浴びたとしても、その結果、肌にできてしまうシミは個人差があります。簡単にいえば、シミになりやすい性質の肌が存在しています。詳しく言いますと、色が白くて、きめの細かく整った、いわゆる美肌です。

見分けるコツとしては、夏場など、日焼けした時に赤くなってしまうタイプの人です。美しい肌はそれだけ繊細なものです。

すっかり肌のハリがなくなって、シミも増えた気がする、なんて鏡の中の顔をつくづく見ながら思うようになったら、欠かさず毎日食べている、食事の内容を変えてみるのがいいかもしれません。

食事の内容が変わると、肌の調子もだいぶ違ってくることがわかるでしょう。シワ、シミをはじめとする各種肌トラブルについても、薄くなるなどの改善がみられるようになりそうです。

そもそも私たちの身体そのものが、毎日の食べ物によって構成されていると言っても過言ではないのです。家で一人でチャレンジできる方法としては、なかなかレベルの高いアンチエイジングかもしれません。何らかの効果は必ずありますから、それが肌に表れるのを楽しみに待ちましょう。シワの原因をご存知でしょうか。

これはいくつもあるのですが、原因の一番大きなものとされているのが、乾燥です。

皮膚の水分が不足することで乾燥が進み、シワはこうやって増えていくわけです。

顏の中でも目尻というパーツは、皮脂の分泌が少ない部分であり乾燥の影響を受けやすくなっており、どこよりも早く、小ジワが出てくることになります。さらに、加齢によって皮膚の張りを保つコラーゲン、ヒアルロン酸といった皮膚の構成成分が減少の一途をたどるばかりですから、シワ、たるみは加齢によっても増えていくわけです。緑茶の茶葉は、最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。カテキンによって、ビタミンCの減少が抑えられビタミンCの作用を補完する役割をしています。

活き活きした白い肌を保つために有効なビタミンCをたくさん摂りたいところなので、ビタミンCとカテキンを同時に摂っていくことで、お肌の新陳代謝を活発にし、メラニン色素が沈着することを抑える効果を望めます。

35歳ともなると、服などで隠せない顔や手の部分にシミが見え始め、見るたびに増えているような気がします。

何故こんなことになってしまったのか?理由はひとつしかありません。

日焼けによる紫外線のダメージです。

幼い我が子と毎日のように一緒に近所の公園で太陽の下、思い切り遊びます。

二人分の支度は意外と手間がかかるものです。まあいいかと若さゆえの根拠のない安心感でそのまま出かけてしまっていました。

ただ、シミのないお肌のためには、外出時の日焼け対策は必須です。ポケットに入れてでも持っていくことにします。肌荒れが気になる時には、セラミドを食事に取り入れてください。

セラミドとは角質層の細胞に挟まれて水分、油分を含んでいる「細胞間脂質」です。

というのも、角質層には複数層の角質細胞が折り重なっていて、このセラミドが細胞同士を糊のように結合させています。

皮膚の表面の健康を保持する防護壁のような働きもあるため、十分な量が存在しないと肌荒れが発生するのです。

皮膚をお手入れする時にオリーブオイルを用いる人もいるでしょう。

メイクを落とすのにオリーブオイルを使ったり、プラスアルファの栄養分として湿布したり、小鼻の毛穴に残った皮脂を除去したりと、自分なりの使い方がされているようです。そうは言っても、良質なオリーブオイルを利用するのでなければ、お肌に支障が出ることもあります。

同様にして、お肌の様子がおかしいと感じた時もただちにお肌に使うのはやめて下さい。

スキンケアで忘れてはいけないことは日々の正しい洗顔が鍵となります。

間違った洗顔とは肌トラブルの原因となり潤いを失う原因になってしまう、原因となります。お肌をいたわりながら洗う綺麗にすすぐ、というふうに意識をして洗顔を行いましょう。

お肌を見れば、肝臓の調子もわかります。たくさんの血管が肝臓には集まっており、血液を通してつくられた老廃物や毒を代謝・分解し、有害な物質を無害にしているのです。

肝臓が十分解毒してくれないと、有害物質は全身の血管を通して体内に回り、肌の調子を乱していくのです。肝臓を健康に保つことが、お肌を内面からキレイにする重要なポイントです。お肌に現れたシミに悩んでいる方は多数いることでしょう。

皮膚に現れたシミに効き目があるとされている食材の一つとしてハチミツがあります。はちみつの含む成分により色素沈着したところが目立たなくなる効果があり、皮膚に現れた色素沈着、つまり、シミやそばかすなどを改善してくれます。

シミが無ければ良いのにとお悩みだったらはちみつを買ってみるというのも良い方法ですよ。

関連記事


PAGE TOP

メニュー


アラサー、アラフォーになって初めて分かる若いうちからの水分ケア不足による老化の進行。スキンケアの基本はやっぱりコレ!しみ、しわなどを美容液やクリーム、オールインワンゲルなどの徹底保湿でアンチエイジング!
2012 水分不足は老化の元?徹底保湿でアンチエイジングスキンケア All Rights Reserved.