肌の水分不足

メニュー

アラサー、アラフォーになって初めて分かる若いうちからの水分ケア不足による老化の進行。スキンケアの基本はやっぱりコレ!しみ、しわなどを美容液やクリーム、オールインワンゲルなどの徹底保湿でアンチエイジング!

  • HOME >>
  • 肌にできたシミでお悩みの女性もかなりの

LastUpdate:2017/10/24

肌にできたシミでお悩みの女性もかなりの

肌にできたシミでお悩みの女性もかなりの数にのぼるでしょう。肌にできたシミを薄くするのに効果があると言われる食材の一つにはちみつが挙げられます。

はちみつの含有成分にはシミの色素を薄くする効果があるので、肌にできてしまったシミ、そばかすなどを目立たないようにする効き目があります。

シミにお悩みの方ははちみつを買ってみるというのも良い方法ですよ。

加齢に伴ってシミができてしまったり、紫外線が大きく関係してできてしまうこともありますが、様々な疾患が原因の可能性もあります。もしも、突然日増しにシミが目立つようになってきたとすれば、疾患が起る前であったり、あるいは、病気が進行している恐れがありますので、早急にクリニックで診てもらうことをお勧めします。

毛細血管は皮膚のあらゆる部分を網羅し、隅々まで行き届いているのですが、表皮、真皮といった組織内のあらゆる細胞に栄養と酸素を送り届けるための輸送路であり、細胞からの老廃物を運んでいく通路にもなってます。大事な毛細血管なのですが、喫煙によって収縮を起こしてしまいます。

毛細血管の末端のあたりは狭まって詰まってしまうので、肌の細胞の隅々まで栄養や酸素は行き届かなくなります。

酸素や栄養が隅々まで運ばれないので、表皮の機能は低下し、皮膚のバリアとしての力は弱ります。

真皮もその機能を落としてしまいます。このようにして肌は張りや弾力を失ってしまい、結果としてシワやたるみが増えていきます。肌のことを考えるのなら、ぜひとも禁煙する方が良いのです。いつの間にか増えていく肌のシワですが、シワのできる原因というのは色々あるものの、一番大きいと考えらえれているのが乾燥になります。

お肌の水分不足は、そのままお肌の乾燥につながって、皮膚にシワが刻まれていくことになるのです。

シワが目立つ部分である目尻、この部分は皮脂の分泌が少なくなっていて他よりも乾燥に影響されやすいパーツであり、他の部分に先駆けて、小ジワが出てきてしまうようなのです。それからこれも加齢に伴う自然現象ですが、皮膚の張りを保っているコラーゲン、ヒアルロン酸、これらは減少の一途をたどるばかりですから、こうしてシワ、たるみは発生していくわけです。

ビタミンCは美白作用があるということで、レモンを輪切りにして顔にのせ、レモンのパックにするのが以前流行りましたが、これはお肌に悪影響を与えます。今は誰も勧めていません。レモンオイルには光毒性があり、肌につけると、紫外線の刺激に敏感に反応する作用があるのです。

シミを薄くしたり、予防する効き目をレモンに期待するのなら、食べたり飲んだりした方が賢明です。

最近、ココナッツオイルをスキンケアに使う方が女の方が劇的に増えています。使い方は簡単で、化粧水の前後に塗ったり、今使っているスキンケア化粧品に混ぜて使ったりするだけでいいんです。

メイク落としにも利用でき、マッサージオイルとしても活躍するそう。もちろん、積極的に食事取り入れていく事でもスキンケアにつながっちゃう優れもの。

ただ、毎日使うものですし、質の良さにはしっかりこだわりたいですね。

摩擦刺激を肌に与えることは肌のコンディションを保つ上でよろしくないという事実はもちろん知っています。

知ってはいながら、つい手加減なしにクレンジング剤や洗顔料を使ったり、クリームとか保湿剤をべたべたと塗り込みがちです。

クレンジングの際は、お肌の負担にならないよう、あまり力を入れないようにメイクと溶け合わせるようにして、優しく指の腹で行うのがよいでしょう。

兎にも角にも、無駄な力は入れないようにし、刺激を与えないよう、ソフトに指の腹で丸をくるくると描くようにする、それが理想です。

けれども、現実には、うっかり力を入れてケアしています。

厳しい夏が終わった秋口から冬にかけてと季節の変わり目には、肌の乾燥には大変警戒しています。うっかりすると目の周りなどは細かいシワだらけになってしまっているし、乾燥があまりに進み、赤く腫れたようになったこともあります。

こんな乾燥注意な時期、大事な肌を守るためのスキンケアは相当念入りにすることにしていますが、化粧水や乳液でのケアだけでは物足らなくなってきてオイルも使うようになり、大変気に入っています。

オイルもいろいろありますが人気のホホバやココナッツ、オリーブを使ったりもしています。

肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢に影響するため、厄介なものです。

そもそもシミとは何なのかに着目すると、皮膚の細胞内で産生されたメラニン色素がそのまま剥がれ落ちずに蓄積されたものなのです。

お肌のターンオーバーを活性化できれば、多少はシミを薄くできる可能性がありますが、ピーリングによって古い角質を落とせば、効果をより実感できることでしょう。ですが、ピーリングによる過剰なケアはお肌に負担をかけるというリスクもあります。

スキンケアといえばオイル!という女性も増えてきているのではないでしょうか。スキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルなどを使うことで、保湿力をグンと上げることができると話題です。オイルの種類を選ぶことによっても違った効果が表れますので、適度な量の、自分のお肌に合ったオイルを使うとよりよいお肌になるでしょう。質が重要ですので、オイルを選ぶ際は、フレッシュなものを選びたいものです。

肌がかさつく人は、低刺激の洗顔料をチョイスして手を抜かず泡立てて、肌を強くこすらないようにしてください。無理に力を込めて洗ってしまうと肌に良くないので、優しく洗うのがコツです。さらに、洗顔の次に必ず保湿をするようにしましょう。

化粧水のみにせず、乳液や美容液、クリームなどもシチュエーションに応じて用いてください。「きれいな肌のためには、喫煙は厳禁!」ということをよく聞きますが、それは美白に関しても言えることです。

本当に肌を白くしたいと思うのなら、すぐに禁煙するべきです。タバコをやめるべき理由として一番に挙げられているのが、ビタミンCの破壊です。喫煙してしまうと、美白に重要なビタミンがなくなってしまいます。エステはシェイプアップだけではなくスキンケアとしても利用できますが、最新の美容クリニック機器などで自分ではなかなかうまくとれない毛穴の汚れをキレイにしてうるおいをキープします。

肌のすみずみまで血行がいきわたりますから新陳代謝も進むでしょう。

実際、エステでフェイシャルコースを利用した人の90%以上の人がいつもは肌があまり乾燥しない人でも冬になると乾燥してしまうこともあるので、顔を洗った後やおふろに入った後は化粧水や保水をしっかりしたり、乳液を使用しましょう。

寒い季節になると肌荒れや、肌トラブルが増えるので、肌の手入れをサボらないようにした方がいいです。きちんと保湿を行うことと血をよく行きわたらせることが冬の肌の手入れの秘訣です。

皮膚のかゆみをがまんできずに何度も強く掻いたり、風邪や花粉症の症状がある時に鼻を何度もかむと、そのことで肌は徐々に薄くなっていってしまいます。

というのも、肌の一番外側に位置する表皮は薄い層の重なりとなっています。

引っ掻いたり擦ったりすると、薄い層はどんどん減っていくのです。

表皮は皮膚のバリアという大事な役目がありますが、これが薄くなってくるとそのすぐ下の真皮までダメージが届いてしまいます。

真皮までダメージを受けてしまうと、真皮は肌を支える力を失って、結果として肌にシワやたるみができてしまうのです。

パックすることでお肌のシミ対策に効果があります。

保湿はもちろん、美白に有効な成分が大量にしみこんだフェイスマスクでのパックは、お肌のシミの要因のメラニンが生成されにくくなり、肌に透明感を出してくれます。

思わず日焼けした時などに特に効き目があり、帰宅してすぐに、適切にケアを行えば、シミが予防できます。

シミでお困りの女性にぴったりの飲み物は美肌効果のあるローズヒップティーです。

酸っぱくてそのままでは摂れないレモンの数十倍のビタミンCを含んでいて、内側からのUV対策となり、アンチエイジングの女王コラーゲンが活性化するというのですからシミ、そばかすを抑え、くすみのない肌になります。抗酸化作用にも優れており、アンチエイジングにも有効です。

個人差はあると思いますし、これはあくまで私個人の主観ですが、シワが顔と一体化し、顔の一部になる年齢は大体38歳だと思っています。

なにしろ、この年齢になると体の疲れはなかなか消えてくれないし、目の下に横たわるクマとかほうれい線がなんだか急に顔の中で目立つ存在になってきたように思えます。

38歳になるまでは、肌の調子がすごく落ちていても、ちょっとしたケアをしてあげれば次の日の朝には疲れがとれていたと思います。

でも、38歳になって、またそれ以降は肌がいい状態に戻るのに、少し時間がかかるようになり、それどころかもう、復活する日はないのでは?とすら思ってしまいます。かつて一世を風靡したガングロが最近になって再び、流行の気配です。

一つのスタイルとして浸透し始めた感もありますが、心配なのはお肌のシミです。

それぞれ違いがあるとは思いますが、やはりガングロ卒業後にはケアしていた人よりも多くのシミが現れている傾向にあります。

柑橘類のみかんなどはビタミンをたくさん含んでいるのでお肌の内部からきれいになり、シミを作らないためにぜひ食べてほしいものです。食べる時間帯を意識すると、みかんの美肌効果は高まります。

朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、柑橘類に多く含まれるソラレンという成分が光や紫外線によって活性化し、紫外線への感受性を高めて、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。

きれいなお肌をつくるために、紫外線を浴びない夜に食べましょう。

スキンケア、正しい順番で使っていますか?きちんとした使い方をしないと、効果を実感することができません。

顔を洗ったら、まずは化粧水をつけます。

肌に水分を与えることができます。美容液を使用するのは化粧水の後です。

続いて、乳液、クリームと続きますが、これで水分を肌に染みこませてから水分が蒸発しないように油分でフタをしましょう。

関連記事


PAGE TOP

メニュー


アラサー、アラフォーになって初めて分かる若いうちからの水分ケア不足による老化の進行。スキンケアの基本はやっぱりコレ!しみ、しわなどを美容液やクリーム、オールインワンゲルなどの徹底保湿でアンチエイジング!
2012 水分不足は老化の元?徹底保湿でアンチエイジングスキンケア All Rights Reserved.