肌の水分不足

メニュー

アラサー、アラフォーになって初めて分かる若いうちからの水分ケア不足による老化の進行。スキンケアの基本はやっぱりコレ!しみ、しわなどを美容液やクリーム、オールインワンゲルなどの徹底保湿でアンチエイジング!

  • HOME >>
  • ビタミンCは美白作用があるということで、ス

LastUpdate:2017/10/24

ビタミンCは美白作用があるということで、ス

ビタミンCは美白作用があるということで、スライスしたレモンをお肌にのせてレモン果汁とオイルでパックする方法が以前流行りましたが、これはお肌に悪影響を与えます。

決して行ってはいけません。

レモン果皮の成分は、肌につけて紫外線の刺激を受けると、シミの原因になってしまうのです。

シミを薄くしたり、予防する効き目を期待してレモンを摂るのなら、食べるか、飲んだ方が良いでしょう。

肌が薄いとされる人の場合、シワが作られやすいようになっているという話を、聞いたことはないでしょうか。顔にシワができやすいと自分で思っている人は肌の自己チェックをしてみましょう。

そうして、身体のあちこちで肌に血管が透けて、青い筋が見えているようだと、だいぶ薄い方かもしれません。

皮膚が薄いとどうしてシワができやすいかというとその薄さで、物理的に水分を蓄えておけません。それで、肌のハリが失われ、結果シワが目立つことになります。

そして通常、肌は年齢とともに薄くなっていくものであり、肌の薄い自覚のある人は、日常的に肌の老化を防ぐ努力をした方が良いようです。

スキンケア家電が実は評判になっているんです。時間に余裕がある時いつでも自分の家で、エステに訪れてプロの方にしてもらうフェイシャルコースと同じようなお肌の手入れが可能なのですから、皆が手に入れたがるのも理解できます。

入手したのは良いものの毎回使うことが億劫になってしまうことだってあります。実際に商品を買ってしまう前に、どういう使い方があるのか、自分の性格にあっているのかもよくよく考えて、見極めてください。

冬が来ると冷えて血液がうまく流れなくなります。

血行が悪くなってくると肌の細胞に十分な栄養を届けることができず、新陳代謝がくずれてしまいます。

それw続けることで、肌トラブルとなってしまうので、とにかく血液の流れを悪くしないように心がけなければなりません。血行が良くなれば、代謝がよく活動し、健康的な肌となります。

シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、あまり知られてはいませんが、ホルモンバランスの乱れもシミに大きな影響をもたらしているのです。

実例の一つと言われているのが、近年、CMで話題の「肝斑」です。

この肝斑の原因こそがホルモンバランスの乱れであり、特に妊娠中とか出産後に多くみられることが今や周知の事実です。肝斑の発症を促す他の原因として、ピルの服用が挙げられ、その治療は紫外線によるシミに比べて困難であるといったことも他のシミとの大きな違いです。肌荒れが生じた場合には、セラミドを取ってください。セラミドとは角質層において細胞の間で様々な物質と結合している「細胞間脂質」です。

角質層は何層もの角質細胞から成っていて、このセラミドが細胞と細胞とを糊がついたように繋いでいます。

皮膚の表面の健康を保持するバリアのように機能することもあるため、足りなくなると肌の状態が荒れてしまうのです。

肌のスキンケアにも順番というものがあります。

もしその順番が間違っているなら、せっかくの効果も半減してしまいます。洗顔をしてから、真っ先につけなくてはいけないのは化粧水で肌に水分を与えましょう。

スキンケアの際に美容液を使うタイミングは化粧水の後です。

その後は乳液、クリームという順番で、お肌の補水をしっかりとしてから油分で肌が乾燥するのを防ぐのです。

よく若い人にありがちですが、あまり自分の肌に頓着せず肌のケアをほぼ放棄して、まだ何のケアしなくても、若いうちは大丈夫と考えている人はいますか?20代の肌にだって、普通にシワはできます。

シワができる原因は主に主に紫外線や乾燥が肌に与える損傷ですが、ダメージが日々蓄積していくことが肌への影響を大きくします。そういう訳ですから、ハリのある瑞々しい肌を維持したいのなら、なるべく20代のうちから、毎日の肌のケアをした方がよく、そうした積み重ねによってしか、美しい肌を長く維持するというのは難しいと言えるでしょう。皮膚のかゆみをがまんできずに何度も強く掻いたり、鼻かぜや花粉症で花を何度も何度もかんでいると、そんな刺激によってすら、肌は薄くなっていきます。

肌の外側にあって外界に接している表皮は薄い層が重なった作りになっていて、外傷や摩擦によって、この表皮の層は次々と減っていくことになります。

表皮は皮膚のバリアです。

バリアが薄くなるとその下の真皮までダメージを受けることが多くなってしまいます。

真皮までダメージを受けてしまうと、真皮は肌を支える力を失って、結果として肌にシワやたるみができてしまうのです。保水力が弱まると肌トラブルが、起きる要因が増すことになるので、気を配ってください。

では、保水力をもっと高めるには、どのように肌を守るのかを試すと良いのでしょうか?保水機能アップに効きめのある肌ケアは、血液の流れを潤滑にする、美容によく効く成分を含む化粧品を使ってみる、洗顔の仕方に気をつけるという3方法です。

透き通るような白い肌だったときに比べ、加齢と共にシミが増えるのは、嫌になってしまいますよね。若者のピカピカの肌を見ると、ツヤがあってシミもなくキレイで、お化粧なんかもバッチリのっているのが妬ましいです。

「今からでも遅くない!」って一生懸命に若い肌を保持して、シミがこれ以上増えないようにするつもりです。

ご存知の通り、シミの要因は紫外線や老化といわれているので、日々の紫外線対策や肌の老化防止をしっかりしようと考えています。

洗顔の後の保湿はドライスキンを予防・改善する上で大事なことです。おろそかにしてしまうと肌の乾燥をすすめてしまいます。そのほかにも、メイク落としや化粧用品も保湿力のあるものにする必要があります。

ほかにも保湿効果のある入浴剤を使用したり、熱いお湯を使わないというのも非常に有効です。

普段は肌が乾燥しづらい人でも冬になるとカサつきになってしまう場合もあるので、洗顔後やおふろの後は化粧水をつけたり、乳液をつけるようにしましょう。

寒い季節になると肌荒れや、肌トラブルが増えるので、スキンケアをサボらないようになさってください。しっかりと保湿をすることと血行を良くすることが冬のスキンケアの秘訣です。小麦色の肌なら、元気で活発なイメージを持つものではありますけど、日焼けしたら、その後にシミができそうで不安と悩む人も多いです。シミを避けるのだったら、ほとんど日焼けをしない生活を目指してください。顔にシミが出来ないようにするコツは、しっかりと日焼止めを塗ることです。

あと、自宅に着いたらローションなどでお肌が炎症を起こすのを軽減させましょう。

お肌のお手入れのときには、保湿剤を塗ることや、マッサージをするなどといった外からのお手入れも大切です。しかし、内部からの肌への働きかけは実はもっと重要なのです。

生活リズムが不規則だったり、喫煙といったことは、どんなに高価で優れた化粧品でも、充分に活かすことができません。

まずは生活習慣を見直すことが、体の内部からのスキンケアにつながります。

最近の話です。肌のケアをしていた時にちょっとしたことを考えつきました。

それはこういうものでした。

柔らかい質の肌にはしわはできにくのかも、ということなのですが、いかがでしょうか。

目尻にある細かいしわとか、ほうれい線とかが目立つ気がしてなんとかしたかったのですけれど少し前から炭酸パックを始めてみて、なんとなくですが、肌の柔らかさを感じられるようになったあたりからしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。

何が原因でこうなったのか、きちんと知っておきたいところですが、とにかく結果オーライというところでしょうか。

ストレス解消のために甘いものを食べてしまう方は注意が必要です。

糖質の摂りすぎは、お肌のくすみを引き起こします。糖分は体の中でタンパク質と反応しやすく、全身の老化を早める糖化物質が生み出されるのです。この糖化がお肌のコラーゲンに起きると、糖化産物の色が目立って黄ぐすみが生じたりシミの増加や、シワ、たるみを起こしたりする原因になることもあるのです。女性たちの間でスキンケアにオイルを使うという方も増えてきているのではないでしょうか。

オイルの中でもホホバオイルやアルガンオイルなどをスキンケアで使うことで、保湿力をグンと上げることができると話題です。

オイルの種類を選ぶことによってもいろいろと効果が変わってきますので、適度な量の最適のオイルを使ってみるといいでしょう。

さらに言うと、オイルの質が効果を左右しますし、新鮮さも非常に大切です。ヨーグルトを食べると、乳酸菌はもちろん、ビタミンB、フルーツ酸などを摂取できます。

乳酸菌はガスの発生を抑え、お肌を内側から健康に整えます。

ビタミンBは全身の新陳代謝を高め、お肌の再生を助ける重要な栄養素です。

そして、フルーツ酸には皮膚の一番外側にある角質層をゆるめ、角質層がはがれるのを助ける役割を持っています。

このような栄養素の摂取がシミ・くすみ対策と美白に効果を持っています。

シミ対策や美白に有効な食べ物だといえます。

お肌のために最も大切なのは正しい手順で洗顔を行うことです。してはいけない洗顔方法とはお肌にトラブルを招き潤いを保つ力を低下させてしまいます要因をつくります。ゴシゴシ洗わずに包むように洗う丁寧に漱ぐ、といったことに、注意して洗うお肌の汚れを落としましょう。

いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、消せるものなら消したいものです。

そのシワのできる原因は、つまりは老化であり、紫外線の影響も大きいようです。

シワは年齢を重ねていくと増えていくのが当然とはいえ、それでもシワ対策として紫外線を防ぐのは大事ですから、日焼け止めを使い、帽子や日傘も駆使して一年中紫外線対策はしておくべきでしょう。そして、そこまでしていても日に焼けてしまった場合は、その日の夜にでも、肌を冷やしてこもった熱をとるケアを行い、お肌に化粧水及び美容液などでちゃんと保湿をし、シミの定着を予防して、乾燥を防ぐようにします。

こういったこまめな手当てでシミ、シワ対策をし、それが結局はアンチエイジングにもつながります。

関連記事


PAGE TOP

メニュー


アラサー、アラフォーになって初めて分かる若いうちからの水分ケア不足による老化の進行。スキンケアの基本はやっぱりコレ!しみ、しわなどを美容液やクリーム、オールインワンゲルなどの徹底保湿でアンチエイジング!
2012 水分不足は老化の元?徹底保湿でアンチエイジングスキンケア All Rights Reserved.