肌の水分不足

メニュー

アラサー、アラフォーになって初めて分かる若いうちからの水分ケア不足による老化の進行。スキンケアの基本はやっぱりコレ!しみ、しわなどを美容液やクリーム、オールインワンゲルなどの徹底保湿でアンチエイジング!

  • HOME >>
  • お肌を摩擦刺激にさらすのは避けるべき、

LastUpdate:2017/10/24

お肌を摩擦刺激にさらすのは避けるべき、

お肌を摩擦刺激にさらすのは避けるべき、ということは勿論承知してはいるのですがうっかり力を緩めることなくぐいぐいとメイクを落としたり、ごしごしと洗顔フォームで顔を洗ったり、クリームを塗る際にも、強めの力で使用してしまったりしているんです。クレンジングのときには、お化粧汚れとソフトに一体化させるようなイメージで、そっと指の腹の部分で汚れを落としてあげるのがベターでしょう。念押しになりますが、とにかく脱力!を心がけ、刺激を与えないよう、ソフトに指の腹で丸をくるくると描くようにする、それが理想です。

けれども、現実には、ついそれを忘れて無駄な力を入れてしまい、お肌に摩擦刺激を与えてしまうのです。

シミを薄くし、美白するための化粧品は、多くのメーカーから発売されています。

シミ対策としては、第一にどのような種類のシミなのか知ることが大切です。

シミの原因に対応した化粧品でなければ、むしろお肌にダメージを与えることもあります。美容外科で、レーザー治療などの本格的な治療を受けることもできますが、その前に生活習慣を見直すことがシミ対策と美白のために、どんな人にも必要なことだと言えるのではないでしょうか。スキンケアをオールインワン化粧品に頼っている方もかなりいます。

オールインワン化粧品を使えば、時間をかけずにケアできるので、使う人が増えているということもまったくおかしくありません。

様々な種類の商品に惑わされるよりもお金がかからず、非常に魅力的です。けれどもどうしてもお客様のお肌に合わないといったことがございますから、配合成分の中に苦手なものがないか、十分確認してください。

肌のお手入れ化粧品を選ぶときに迷ったら、肌に刺激を与えるような成分をなるたけ含んでいないということが選ぶことを優先しましょう。

保存料などは刺激が強くかゆみや赤みを引き起こしがちで、何が入っているのか、しっかり見るようにしましょう。

CMや値段に惑わされず自分の肌に最適なものを選ぶことが重要です。

みためも美しくないうるおい不足の肌のスキンケアで肝心なことは普通肌の方以上に丁寧に保湿をすることです。

それから、ある程度皮脂を残すことも必要というのも大事なことです。必要以上にクレンジングや洗顔料を使って皮脂を落としすぎてしまうと肌はますます乾燥します。

あと、洗顔のときのお湯についてですがヒリヒリするような熱さではダメです。

それに、保湿だけに留まらず、洗顔方法も再度確認してみてください。くすみが気になる原因としては、砂糖など糖分摂取の過剰が挙げられます。

お菓子などで糖分を摂り過ぎてしまうと化粧や、その他のケアが完璧でも茶色や黄色のくすみが目立つことがあります。

コラーゲンの働きが、過剰な糖と結合することで弱まっている可能性があります。

コラーゲンが糖に反応し、老化を招く物質に変わることをコラーゲンが糖化したと考えています。

全身の老化が進行しないよう、糖分の摂りすぎにはくれぐれも気をつけてください。

美容成分をたくさん含んだ化粧水や美容液などを使用すると保水力をよりアップさせることが出来ると思います。

スキンケアには、コラーゲンやヒアルロン酸はもちろん、アミノ酸などが含まれている化粧品を使用することをおすすめします。

血行を良くすることも大切になってきますので、ストレッチや半身浴だけではなく、適度な有酸素運動もやり血液の流れそのものを改善することが必要です。

肌にシミができてしまう最大の原因といえば紫外線ですが、あまり知られてはいませんが、ホルモンバランスの乱れもシミに大きな影響をもたらしているのです。

その主な症状の一つであるのが、最近、CMで話題の「肝斑」です。

ホルモンバランスの乱れによるシミの一つがこの肝班で、特に妊娠中とか出産後に多くみられることが今や周知の事実です。また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、紫外線が原因のシミよりも治すことが難しいという点が特徴として知られています。

スキンケアには若返り対策用の化粧品を使えば、しわ・シミ・たるみのようなお肌の老化を進行を遅くすることができます。でも、アンチエイジング化粧品をどれだけ使用していたところで、生活習慣を整えなければ、肌の老化スピードに負けてしまい効果は感じにくいでしょう。

肌に体の中から働きかけてケアすることも大切です。ヒアルロン酸は体内にも含まれるタンパク質との結合性の強い性質を持った「多糖類」に含まれるゲル状のものです。

とても水分を保持する能力が高いため、化粧品や栄養補助食品には、大体、間違いなくヒアルロン酸が入っています。加齢に伴って減少する成分なので、積極的に補充するようにしましょう。かゆみのある時に肌を強く掻いてしまったり、花粉症の人がよくやってしまうように、ひっきりなしに鼻をかむと、それだけで肌は薄くなるそうです。

肌の最も外に位置するのは表皮ですが、これは薄い層の重なりで、外傷や摩擦によって、この表皮の層は次々と減っていくことになります。

表皮は皮膚のバリアという大事な役目がありますが、これが薄くなってくるとそのすぐ下の真皮までダメージを受けることが多くなってしまいます。

真皮が損傷を受けてしまうと状況は深刻です。

真皮は肌を支える重要な力をなくして、このようにしてシワ、たるみはできてしまいます。

化粧水や乳液をつけるタイミングにも順序というものがあり、ちゃんとした順番で使わないと、効果が得られないかもしれません。顔を洗ってからつけるのは化粧水です。これにより肌に水分を与えることができます。

スキンケアの際に美容液を使うタイミングは化粧水の後になります。最後に乳液、クリームとつけていくのが正しい順番で、肌の水分を補ってから油分で肌が乾燥するのを防ぐのです。

顏のシワが、その人の顔の一部として認識されるようになるのは、大体38歳くらいかなと個人的には思っています。

このくらいの年齢になると本当に実感するのですが、なかなか疲れがとれなかったり、クマとかほうれい線あたりの老けてみえるアイテムが激しく存在アピールを始めるようになります。

38歳以前は、肌が疲れているな、と感じても、ケアして眠れば翌日には元気になっていたと思うのですけど、38歳以降にはもう肌の調子が元にもどるのに、少々時間が必要になってきて、それどころかもう、復活する日はないのでは?とすら思ってしまいます。

洗顔後の保湿はドライスキンの予防・改善に大切なことです。

これをおろそかにすることでますます肌を乾燥させることとなってしまいます。そのほかにも、クレンジングや化粧用品も保湿力のあるものを選んでください。さらに保水にいいといわれる入浴剤をおふろに入れたり、温度の高いお湯を使用しないというのも非常に有効です。乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などがヨーグルトは豊富です。

乳酸菌は腸内で有害な物質の発生を抑え、お肌の健康を保つ働きがあります。

ビタミンBはお肌が生まれ変わるのに必要なエネルギー代謝を高める重要な栄養素です。

加えて、フルーツ酸は皮膚表面の角質層を緩くし、はがれるようにする役割を持っています。このような栄養素を摂ることはお肌のシミやくすみ対策の効果を狙えます。

ヨーグルトはシミを薄くするためにも、摂りたい食べ物です。

気がつけばいつの間にかアラサーになり、日々の仕事をこなしていたある日の事、鏡をのぞいて自分の肌の汚さにびっくりしてしまいました。目の下の濃いクマに、数えきれないほどの細かいシワが映っていて、今の自分がどういう状態にあるのかそのまま表しているように思えました。

この日のショックは強烈だったので、私、自分に誓いました。どれ程疲れ切って家に帰ってきたとしても今日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをきちんと行って、肌を大事にしよう、これ以上増やさないために、シワを予防しなければ、と決心したのでした。

肌にシワができるのには原因があります。何かというと、一番大きいのは乾燥の影響だと言われています。

屋内でエアコンの風にさらされたり汗をかいたことで皮膚の保湿成分が一緒に流れてしまったりした時には特に注意をした方が良いでしょう。

では、乾燥を防ぐにはどうするかということですが、それこそ何度でもひんぱんに保湿をすることが大事だとされています。

そういう場合に便利なのがスプレータイプの化粧水です。小さなものを持ち歩いて、思い立ったらひと吹きすると良いでしょう。それと、汗を流した時は皮膚のバリアがなくなっていますので、しっかり保湿をします。困ってしまうことに、肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢をグッとあげてしまうのです。

そんなシミのメカニズムを探ってみると、表皮に現れたメラニン色素が皮膚の表面から剥がれ落ちず蓄積されたものをいいます。

お肌のターンオーバーを正常化することで少しはシミを目立たなくすることが可能となりますが、ピーリングをして溜まった角質を落とすと、さらにその効果が期待できます。

でも、ピーリングで角質を落としすぎると肌に負担をかけてしまうでしょう。スキンケアにおける基本は、肌の汚れを落とすことと乾かないようにすることです。しっかりと汚れを落とせていないと肌の異常の原因となります。

また、肌が乾燥してしまうことも肌をトラブルから保護する機能を弱めてしまうことになるため、保湿は必ず行ってください。でも、必要以上に保湿をすることもいいことではありません。最近の話です。

肌のケアをしていた時にちょっとしたことを考えつきました。

充分に保湿された肌は柔らかく、柔らかい肌にはしわってあまりできないのかもしれない、ということです。

年々深まる目の周りのじわやほうれい線がなんとかならないものか、と思っていたのですがしばらく前から炭酸パックを始め、なんとなくですが、肌の柔らかさを感じられるようになったあたりからしわがあまり目立たなくなってきたように思います。炭酸パックがしわに効いたのかもしれないと勝手に思っています。お肌に出来てしまったシミについては、ご自身のケアでも多少の改善は期待できます。

ただ、完全に奇麗にするとなると困難な事です。

ですが、あきらめることはありません。

美容外科であれば除去することも可能なのです。

もし、改善しないシミについてお悩みだったら、一度、専門家に相談してみてはどうでしょうか。

多くのクリニックで無料カウンセリングを受け付けています。

関連記事


PAGE TOP

メニュー


アラサー、アラフォーになって初めて分かる若いうちからの水分ケア不足による老化の進行。スキンケアの基本はやっぱりコレ!しみ、しわなどを美容液やクリーム、オールインワンゲルなどの徹底保湿でアンチエイジング!
2012 水分不足は老化の元?徹底保湿でアンチエイジングスキンケア All Rights Reserved.