肌の水分不足

メニュー

アラサー、アラフォーになって初めて分かる若いうちからの水分ケア不足による老化の進行。スキンケアの基本はやっぱりコレ!しみ、しわなどを美容液やクリーム、オールインワンゲルなどの徹底保湿でアンチエイジング!

  • HOME >>
  • 肌のくすみが目立つ原因として糖分の摂り過ぎを

LastUpdate:2017/10/24

肌のくすみが目立つ原因として糖分の摂り過ぎを

肌のくすみが目立つ原因として糖分の摂り過ぎを疑ってください。

お菓子でお腹を満たしているといくら化粧品でケアをしても黄色いくすみや、シミが目立つことがあるのです。

コラーゲンと糖は結びつきやすく、その結果コラーゲンの働きが弱まっている可能性があります。

コラーゲンと糖の結合によって、老化を加速する物質が生じることをコラーゲンが糖化したといいます。

肌のみならず、全身の老化を進めないよう、甘いものは控えてください。

スキンケアは不要と考える方も少なくありません。

いわゆるスキンケアを何もせず肌から湧き上がる保湿力を無くさないようにしていくという考え方です。

では、メイク後はどうしたら良いでしょうか。

メイクを落とすためにクレンジングが必要になります。

もし、クレンジングした後、そのままにしておくと肌の乾燥が加速します。

肌断食を否定はしませんが、自分の肌とよく向き合い、ケアするようにしてあげてください。個人差はあると思いますし、これはあくまで私個人の主観ですが、シワが顔と一体化し、顔の一部になる年齢は大体38歳だと思っています。

この年齢は、夜にぐっすり眠っても朝に疲れが残っていたりと衰えを実感する頃ですし、目の下に横たわるクマとかほうれい線が顏の中で急激に目立ちはじめたりもします。

38歳になるまでは、一日の終わりに肌がくたびれていても、適切にケアしてやれば次の日の朝には疲れがとれていたと思います。でも、38歳になって、またそれ以降は肌の調子が元にもどるのに、少々時間が必要になってきて、もうずっと、疲れた状態が続いているように思います。美白効果を期待して、お肌にレモンの輪切りを貼ってレモンのパックにするのが流行になりましたが、すぐ下火になったように、美白効果はありません。すぐに止めましょう。レモン果皮のオイルには、肌につけて紫外線に当たると、皮膚にダメージを与える光毒性があります。シミをできにくくする効果を期待してレモンを摂るのなら、日々の食事の中に取り入れるようにしましょう。

少し前にガングロが流行りましたが、今またブームの予感です。

ファッションの流行の一つとして定着を見せ始めた感じもしますが、どうも引っかかるのはお肌のシミです。それぞれ違いがあるとは思いますが、ガングロをやめた後は普通よりもたくさんのシミが現れている傾向にあります。洗顔の後の化粧水や乳液には、つける順番があります。

もしその順番が間違っているなら、効果が得られないかもしれません。洗顔のあとは急いで化粧水で肌に水分を与えましょう。美容液を使いたいという人は化粧水の後です。最後に乳液、クリームとつけていくのが正しい順番で、水分を肌に染みこませてから水分が蒸発しないように油分でフタをしましょう。

最近の話です。肌のケアをしていた時にふと思いついたことがあります。

それはこういうものでした。柔らかい質の肌にはしわもなかなかできにくいのではないでしょうか。目尻にできてしまった笑いじわや、口の両端のほうれい線がなんとかならないものか、と思っていたのですが少し前から炭酸パックを始めてみて、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃には以前とても気になっていたしわも、気にならないくらいになっていました。何が原因でこうなったのか、きちんと知っておきたいところですが、とにかく結果オーライというところでしょうか。スイーツに目がないという方はお肌のために控えてください。糖質の摂りすぎは、お肌のくすみを引き起こします。過剰な糖分とタンパク質が結合し、全身で老化を引き起こす糖化産物を生じてしまいます。真皮でコラーゲンが糖と反応すると、黄ぐすみ状態になったり、シミやしわ、たるみが生じたりする事態になりかねません。適度に日焼けした小麦色の肌は、健康的で明るく若々しさを演出するのに効果的ではあるものの、褐色の肌になりたくても、シミが多くなるのは避けたくて、どうしようという悩ましい一面があります。

もし、シミとは無縁でいたいなら、常日頃から気をつけて、お肌を焼かないようにするしかありません。

シミ対策で最も需要なのは、しっかりと日焼止めを塗ることです。また、家に帰ってからはすぐにローションなどを使い、お肌が炎症を起こすのを軽減させましょう。

シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、あまり知られてはいませんが、ホルモンバランスの乱れもシミに大きな影響をもたらしているのです。

例として挙げるなら、最近、CMで話題の「肝斑」です。この肝斑の原因こそがホルモンバランスの乱れであり、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが一般的に言われています。

肝斑の発症を促す他の原因として、ピルの服用が挙げられ、完全に治すのは紫外線によるシミよりも難しいのもこのシミの特徴です。皮膚にシワができる原因というのは色々あるのですが、一番大きな原因と考えられているのが、乾燥でしょう。

肌が水分不足になってしまうと、乾燥状態になり、これがシワの発生につながるのです。

目尻は皮脂の分泌が少ない部分です。そのためここは乾燥の影響を受けやすくなっており、どこよりも早く、小ジワが出てくることになります。それからこれも加齢に伴う自然現象ですが、皮膚の張りを保っているコラーゲン、ヒアルロン酸、これらは減少の一途をたどるばかりですから、これもシワ、そしてたるみが起こる大きな原因です。ヒアルロン酸は人体にも含有されているタンパク質と容易に結合する性質を持った「多糖類」と言われるゲルみたいな成分です。

大変水分を保持する能力が高いため、コスメや化粧品、栄養補助食品といった商品には、ほとんど当然のごとくヒアルロン酸がその成分の一つとして存在しています。年齢に従って減少する成分なので、積極的に補うことをお勧めします。

35歳ともなると、服などで隠せない顔や手の部分にシミが出現して、恐ろしい増殖ぶりです。

私の場合は原因がはっきりしていて、天候にかかわらず、降り注いでいる紫外線です。出産後、歩けるようになった子供と、親子そろって毎日、近くの公園まで出かけ、午前中たっぷりと遊ばせました。子どもの身支度もするので、自分の日焼けのことなんて、ころっと忘れて出かけてしまうこともしばしばです。

紫外線は帽子だけでは防げませんから、地面からの反射を防ぐにも日焼け止めを塗ろうと思います。

顔に刻み込まれてしまったシワ、なんとかできるならなんとかできるものなら、したいものです。

シワの原因は色々ありますが、要するに老化現象の一種であり、また紫外線も大きく影響しています。

シワ予防には紫外線カット、日焼け止めをちゃんと使い、日傘や帽子も使って一年を通して紫外線対策を行い、そこまでしていても日に焼けてしまった場合は、放置しておかず、すぐに肌を冷やしてほてりをとり、化粧水、美容液などを使ってしっかり保湿をし、シミの定着を予防して、乾燥を防ぐようにします。

こういう予防、ケアを積み重ねることが、結果としてはアンチエイジングになっていきます。つらい乾燥肌でお悩みの方のスキンケアのポイントは一にも二にもまず保湿です。

それから、ある程度皮脂を残すことも必要というのも大事なことです。

自分の肌に合わない強いクレンジングや洗顔料を使うと残すべき皮脂まで落ちてしまい、乾燥肌の方はさらに乾燥してしまいます。あと、洗顔のときのお湯についてですが熱すぎるとかえって肌に負担をかけます。

やみくもに保湿だけすればいいと思わず、洗顔も大切なので常に意識しておきましょう。皮膚を整えるためにオリーブオイルを使っている方も多いです。オリーブオイルでメイクを落としたり、フェイスマスクのように塗ったり、小鼻に残ってしまった皮脂の黒ずみを取り除いたりと、使われ方は一つではないようです。かと言っても、上質なオリーブオイルを利用するのでなければ、皮膚に何らかの影響が出ることもあります。そしてまた、少しでも変わったことがあればただちに肌に塗るのをとりやめて下さい。

加齢に伴ってシミができてしまったり、紫外線もシミを作る原因の一つですけれど、いろいろな病気がシミの原因だったということもあります。

もしも、突然日増しにシミが目立つようになってきたとすれば、病気の前兆を意味していたり、あるいは、病気が進行している恐れがありますので、早急にクリニックへ診察を受けに行ってください。

みかんのような柑橘類は、ビタミンの宝庫です。

シミやソバカスのないお肌を作るためには、大事な役割を果たしてくれます。

みかんを食べるときには、タイミングに注意してください。朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、ソラレンのように、柑橘系果物に多い成分が紫外線へ敏感に反応するように作用し、逆にシミの原因になることもあるそうです。。

美肌効果をねらうのなら、みかんは夜食べるのがおすすめです。

煎茶や玉露などの緑茶はカテキンがとても豊富です。カテキンは、加熱などでビタミンCが壊れることを防ぎ、ビタミンCの力を十分発揮させる作用があるのです。

活き活きした白い肌を保つためにビタミンCの力は欠かせないので、緑茶からビタミンCとカテキンを摂ることができれば、メラニン色素が沈着し、シミの元になることを予防してくれるのです。

いつもは肌があまり乾燥しない人でも冬になるとカサつきになってしまう場合もあるので、洗顔後やおふろの後は化粧水を使うほか、乳液をつけるようにしましょう。

冬になると肌のトラブルが多くなるので、肌の手入れをサボらないようにした方がいいです。

しっかりと保湿をすることと血をよくめぐらせることが冬の肌の手入れの秘訣です。適量のお酒は血行を良くしてくれるので、美肌効果も期待できます。

酒粕パックは手軽にできて、お肌のくすみ対策になるようです。

酒粕を細かくしてボウルなどに入れ、水を少しずつ加えながら柔らかくし、固まりのない状態になるまで混ぜていきます。

小麦粉を適度な固さになるまで混ぜて、なめらかに仕上げれば、酒粕パック完成です。ただし、アルコールに弱い方には勧められません。

関連記事


PAGE TOP

メニュー


アラサー、アラフォーになって初めて分かる若いうちからの水分ケア不足による老化の進行。スキンケアの基本はやっぱりコレ!しみ、しわなどを美容液やクリーム、オールインワンゲルなどの徹底保湿でアンチエイジング!
2012 水分不足は老化の元?徹底保湿でアンチエイジングスキンケア All Rights Reserved.